親子の絆

金曜日から続いていた、

雪交じりの雨が、

ようやく今日のお昼前にやみました。

 

久しぶりの本格的な雨で、

いいお湿りになりました。

 

夕方にスーパーに買い物に出かけたら、

まるで年末の大売出し期間のような込み具合でした。

 

みんな天気の悪い間は家にこもりっきりで、

さすがに冷蔵庫の中身は、

空っぽになってしまったのでしょう。

 

午後から時間ができたので、

近所の友達の子供を呼んで、

久しぶりにバドミントンやキャッチボールをしました。

 

体を動かすというのは、

とても気持ちがいいですね。

 

それほど激しい運動ではありませんでしたが、

体も温まりますし、

精神的にもいい気分転換になりました。

 

外が暗くなったので、

家に戻り、

みんなで餃子を作りました。

 

餃子の具を包むのを、

みんなで手分けしてやりましたが、

子供たちは手作りの餃子は初めてだったようで、

面白がって作っていました。

 

彼らが作った餃子は、

ちょっと不格好ですが、

本人たちは大喜び。

 

その後すぐに焼いて、

みんなでおいしくいただきました。

 

自分たちで作った餃子の一部は、

持って帰ってお土産にしてもらいました。

 

こうやって、

日常のちょっとした時間に、

子供たちと一緒に同じことをすると、

コミュニケーションも滑らかになり、

お互いの信頼関係を強まって、

いい家族になっていくと思います。

 

今日は親の代わりをさせてもらいましたが、

今度は親も一緒に同じことをできるよう、

企画したいと思います。