寒い日の食事

 

ちょっと散らかり気味のテーブルですが、

寒い時には、

体の温まる料理をいただきたいですよね。

 

鍋に入っているのは、

鳥のガラで炊いた、

雑炊風の料理です。

 

玉ねぎ・にんにくを炒めたものと、

鳥ガラしか入っていませんが、

1合のお米がいい感じにふやけていて、

おいしくいただきました。

 

写っている魚は、

素揚げにしたものです。

 

揚げるといっても、

たっぷりの油を使って揚げるディープフライではなくて、

魚の1/4が浸るくらいの量の油で、

じっくりと揚げています。

 

妻がする揚げ物は、

いつもこんな感じです。

 

油って、

日本では安く入手できますが、

妻の母国では、

結構いい値段がしますからね。

 

妻が、

魚が好きなので、

安売りしている魚を見つけては、

焼いたり揚げたりして食べています。

 

味付けは、

日本では塩焼きにしたり、

大根おろしとポン酢というのが定番ですが、

妻は、

オリジナルのたれを作っています。

(写真では円い大きめの器に入っています)

 

たっぷりの酢に、

現地で買ってきた醤油をちょっと入れ、

そこに、

たっぷりの玉ねぎのみじん切りと、

黒胡椒を少々、

そしてこれまた現地の唐辛子をつぶして入れます。

(写真の中に見える緑色のものです)

今回はそこにレモン汁も投入。

 

これがですね。

酸っぱ辛いさっぱり味で、

おいしいんですよ。

 

魚にも肉にも合います。

 

テーブルには、

もう1つ調味料が出ています。

(スプーン付の小皿)

 

これは、

最近日本に帰ってきた妻の友人からもらったものですが、

唐辛子とにんにくが、

ペースト状につぶしてある調味料です。

 

日本では寒いので半練り状態になっていますが、

あちらでは、

ソースのようになっているそうです。

 

友人の親戚が作っているそうですが、

それを商売にしているらしく、

くわしい作り方は門外不出のようです。

 

これもですね、

いい感じに辛くて、

何の油を使っているんでしょうか、

日本の寒さで固まるような、

たいして質のいい油ではないんでしょうが、

これが独特の風味を醸し出していて、

またおいしいんですよね。

 

炒め物とか、

鍋物とか、

焼いた肉とかにちょっと付けると、

とても辛いんですが、

やみつきになるおいしさです。

 

本当に、

おいしいものって、

限りなくありますよねー

 

世界中のおいしいものを食べ歩くとしたら、

いくら時間があっても足りないでしょうね。

 

ということで、

寒い季節は、

おいしいものを食べて乗り切りましょう!