病院

友人の付き添いで、

病院に行ってきました。

 

その人は、

難病に指定されている疾患を持っています。

 

しかも、

昨年ご主人を亡くし、

精神的にも厳しい状況にいます。

 

ご本人は、

日本人ではないので、

医師とのコミュニケーションも十分とはいえません。

 

完治が困難な病気と闘っていく際に、

医療や医師との信頼関係は、

とても大切な要因ですが、

それを十分に持つことができないようで、

いろいろと苦労をしておられます。

 

今回は、

歩いて10分ほどのところにある、

市立病院から、

別の病院に転院するための、

紹介状をもらいに行くというものでした。

 

転院する理由は、

「先生が信頼できない」

「行く度にいつも先生が違う」

「薬が多すぎて薬のせいで体調が悪い」

「先生たちに意地悪をされている」

などの、

そのほとんどは、

治療方針を十分に理解できないことからくる、

誤解や不信感なのですが、

それを理由にして、

どうやって紹介状を書いてもらうのだろう…と、

付き添いながらなかなか心の重い状態で病院に向かいました。

 

ところが、

先生はよく耳を傾けてくださり、

「私は○○さんが良くなって欲しいと思う」

「どの病院にかかるかは患者さんに権利がある」

「戻って来たいと持ったらいつでもみてあげます」

ということを、

淡々と話してくださいました。

 

病院の先生はさすがですねー

 

話し合いの最後には、

ご本人が感情を乱してしまう一幕もありましたが、

それでも動じることなく、

本人が飲みたいと思う最小限の薬を処方し、

紹介状を書いてくださいました。

 

こんな大人の対応をみて、

ちょっとかっこいいなと感じてしまいましたね。

 

さて、

次にお世話になる病院では、

本人の好みに合う先生とめぐり合えるでしょうか。

 

実は、

その病院には、

同じ病気で、

2年ほど前まで通院していたようです。

 

その時の担当の医師は、

もう退職されているそうですが、

その病院にいいイメージだけを持っているわけではなさそうなんですね。

 

まだまだ道は険しいかもしれませんが、

私ができる範囲の中で、

あまりでしゃばらずに、

お手伝いをしてあげたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

特定疾患治療研究事業対象疾患一覧

http://system.nanbyou.or.jp/what/nan_itiran_45.htm