テレビ

正月休みに、

久しぶりにテレビを見ました。

 

楽しませていただいたのは、

サッカー天皇杯と、

箱根駅伝です。

 

J2同士の決勝となった天皇杯ですが、

それなりに見ごたえがありましたね。

 

久しぶりにテレビでサッカー観戦をしましたが、

はっきり戦術の異なる2チームだったこともあり、

なかなか面白い試合でした。

 

FC東京の石川という選手と、

京都サンガの久保という選手が目に付きましたね。

 

右サイドからどんどんディフェンスをこじ開けていくスタイルは、

見ていて気持ちよかったですね。

世界を相手に通用するのかどうかは分かりませんが、

後半1点ビハインドの残り20分のような状況で、

途中起用で出てきたら面白いかなと思ったりしました。

 

高校3年生FWの久保選手。

シーズン中10得点でチーム内得点王というのにも驚きましたが、

途中出場ながらしっかりと得点を決めたのにも驚きました。

天皇杯決勝の最年少ゴールでは?

解説の中で、

「全盛期の柳沢選手のような動きをする選手」

と評価されてましたねー

 

柳沢日本最強FW説を、

過去に唱えていた私としては(笑)、

今後注目したいですねー

 

箱根駅伝は、

東洋大学の圧勝でした。

 

途切れ途切れにしか見ていませんが、

5区の柏原選手の区間新だけでなく、

次々に区間賞を取っていく各ランナーの走りに驚きました。

 

10時間以上走って、

21秒差で負けるという悔しさ、

あと1人約2秒縮めていれば勝てたという昨年の結果を、

しっかりリベンジして見せた各選手。

明確な目的を持って練習すること、

過去の自分と戦うこと、

その大切さを感じました。

 

こんな感じで、

たまにテレビを見るって、

いいもんですよねー

 

そんなことを感じた正月休みでした。