防寒着

ゆっくりと、

でも着実に、

寒さが厳しくなってきました。

 

今年は比較的薄着の格好でいますが、

それでも少しずつ冬物を出してきて使い始めています。

 

昨年までは、

一年中チノパンで出勤していました。

 

でも、

今年は冬の出勤用の服を買いました。

(買ったのは夏の時期でしたが)

厚めのコーデュロイ生地のパンツです。

 

畝が太めで、

見た目にも暖かそうです。

 

駅までの行きの自転車は、

全速力で走ってしまうので、

すぐに体が温まり、

逆に途中で上着を脱ぐほどですが、

新しいズボンの効果を感じたのは、

帰り道でした。

 

今日も2人分の仕事を請け負い、

帰りは夕方になってしまいました。

 

でも、

冷たい風が吹きつける太ももの辺りが、

それほど寒くありません。

 

もちろん寒いのは変わりないのですが、

太ももの辺りがなんかちょっとむずがゆいような感じです。

 

ちょっと厚着をした最初の日の、

独特の感覚、

分かります?

 

説明が難しいー

 

暖房の効いた電車で体が温まり、

血流が良くなった状態が、

普段よりも長く続いているような、

あのなんとも変な感覚でした。

 

このコーデュロイパンツ、

見た目もちょっとお洒落ですし、

結構気に入っています。

 

夏場にリサイクルショップで値引き販売されていたのですが、

ほとんど新品のような風合いです。

コーデュロイなのに、

全くくたびれた感じがありません。

 

作りも良さそうで、

私でも聞いたことのあるブランドのタグがついています。

 

中のタグには、

製造元の会社名も書いてあったので、

ちょっと調べてみました。

 

どうやらこの会社は、

そのブランドのライセンス生産をしていたようです。

 

ただ、

昨年10月に破産したとのこと。

 

ははーん、

さては、

破産した時に、

倉庫にあった品物が、

安値でリサイクル業者に流れたんですねー

 

だから、

新品同然なのに安い、と。

 

そして、

巡りめぐって私のところへたどり着いたのかも。

 

世の中、

うまくできてますねー

 

おかげで、

この冬は、

ちょっといい感じの服を着て、

通勤の電車に乗れます。

 

ありがたい、ありがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

とある繊維業界の人のブログ

http://www.apalog.com/minami/archive/315