お食事会

昨日から泊まりに来ているお客さんと、

お昼に簡単なお食事会をしました。

 

といっても、

自宅ではなくて、

出かけた先での外食でしたが、

他の友人も交えて、

楽しいひと時となりました。

 

この席では、

ご一緒してくれた友人たちが、

うまく会話を広げて、

打ち解けた雰囲気を作り出してくれたので、

幹事役の私は大変助かりました。

 

会話が上手な人っていますよねー

 

本当にあこがれます。

 

特に、

たわいもないことというか、

取り留めのないことを話しているように見えるのですが、

会話の端々で、

それぞれの心にあることがいい感じで出てきていました。

 

おかげで、

お互いよく知り合うことができ、

友情が広がり強まったような気がします。

 

そういう会話が上手な人を見ていて感じるのは、

その本人が、

その会話とか時間を、

とても楽しんでいるんですよね。

 

「次に何を話そう」 とか、

「この人は何を考えているのだろう」 というような余計なことを、

全く考えていないように見えます。

 

それでも、

会話はいい方向に流れていき、

快く、

建設的で、

楽しい時間が過ぎていきます。

 

私は、

リラックスして会話を楽しむというのが苦手ですねー

 

ついつい、

次のこととか、

どうやってこの集いが終わるかとか、

そういうことを考えてしまうんですよね。

 

どうしたらいいんでしょう?

 

もちろん、

持って生まれた才能というか、

性格的なものも大きいのでしょうがね。

 

"コミュニケーション力" という、

学校では教えてもらえない大切な力を、

なんとしても伸ばしていきたいものです。