旅の思い出:タクシー編

 

向こうのタクシーにも、

一応メーターはついているのですが、

それを使おうとしないドライバーも結構います。

 

特に、

外国人だと分かると、

途端に料金は交渉制になったりします。

 

私など、

一目見て日本人(または韓国人)だということが分かるようで、

これまでも結構いやな思いをしてきました。

 

バスターミナルに着くと、

そこにはタクシーの客引きがたくさんいます。

 

「タクシー?」

「タクシー!」

 

と、

どんどん声をかけられます。

 

振り切って通りに出ると、

今度は道を走るタクシーが、

クラクションを鳴らしながら道端に停まって、

 

「タクシー、タクシー!」

 

と呼びかけてきます。

 

ここから、

料金の交渉がスタート。

 

「メーターを使ってくれるか?」

「もちろん」

「空港まで行きたいんだけど」

「それなら○○円だね」

「それは高いよ」

「じゃ××円にまけるよ(とたんに3割引くらいになる)」

「だめだめ。メーターを使ってくれる?」

「△△円でいいじゃない(最初の半額くらい)」

「いやいや。それじゃバイバイ。」

 

こんな感じで、

メーターを使ってくれるタクシーを捕まえるまで、

結構めんどくさいんです。

 

素直に言えば、

緊張するし、

若干怖い。

早朝4時頃でこっちは一人ですから。

 

まあ、

最初に向こうが言ってくる値段を払っても、

日本円にしたら5‐600円なので、

たいした額ではありません。

 

ただ、

メーターで乗る3倍とか5倍の料金を、

平気で吹っかけてきますからね。

 

それを知っててタクシーに乗ったら気持ちが良くないし、

なにより一度払うと、

日本人は金を払うと思われますから、

(もう思われていますけど)

ささやかな抵抗をしているわけです。

 

こんな感じで、

これまでは、

タクシーに乗る前に、

少なくとも4,5台は断ってきました。

 

しかし。

今回は、

最初のタクシーに乗れました!

 

とても感じの良い運転手さんで、

すぐにメーターを使ってくれました。

 

車中でも話がはずみ、

自分はこれまである家族のお抱え運転手だったこと、

そこで16年働いたこと、

タクシーの運転手になってからは2年しか経っていないこと、

子供はたくさんいるが(恥ずかしがって人数は言いませんでした)、

全部の子供を“ハンドル1つで養ってきた”こと、

前のオーナーは大変いい人で、

結婚式の費用をみんな出してくれたこと、

この車は中国製だが、

燃料が軽油なので安く済むこと、

だから料金は交渉制じゃなくていつもメーターを使っていることなどなど、

いろんなことを話してくれました。

 

みんな、

こういうドライバーさんばっかりだと良いんですけどねー

 

気持ちよくタクシーに乗れたので、

お釣りの端数はチップとして差し上げました。

こういうのが本当のチップですよねー