部品交換終了

 

車のタイミングベルトを交換してきました。

 

合わせてウオーターポンプも交換しました。

 

交換をお願いしたのは、

以前にシャフトブーツを交換してもらった整備工場です。

 

日曜日の夜に車を置いてきて、

今日の夕方には作業が終わりました。

2日かかるといわれていたので、

早く終わって助かりました。

 

車を取りにいった時、

交換した古い部品を見せてもらいました。

 

初めてタイミングベルトというものをみましたが、

大切な部品だけあって、

さすがに丈夫そうなベルトでした。

 

特に亀裂などはありませんでしたが、

ま、

切れてしまってからでは遅いので、

いいタイミングで交換したということでしょう。

 

テンショナーもセットで交換してありました。

 

ウオーターポンプは…

素人目ではどのくらいくたびれているのか分かりませんが、

これも壊れる前に、

ついでに換えておいたということですので、

問題なし。

 

費用ですが、

先週の金曜日に電話した時には、

はっきりしたことを教えてくれませんでした。

 

「部品の値段を聞いてから、また電話します」

というような応対でした。

 

前もそんな感じだったので、

まあしょうがないかなと思っていました。

 

そして、

数時間後に電話がありました。

 

土日はお休みなので、

これから車を持ってきてもらっても、

仕上がりは火曜日になること、

そしてその間は代車を貸してくれることを教えてくれました。

 

費用について尋ねると、

「代車を使うから、4万5千円ぐらいかなー」

という話でした。

 

そこで、

「日曜日の夜に車を持っていけば、

火曜日の夜までには仕上がりますか?」

と質問しました。

 

すると、

「部品をすぐに注文してよければ大丈夫ですよ」

とのこと。

 

「それでは早速お願いします」

と言った後、

「火曜日までに仕上がれば、

代車はいらないんですけど、

その分安くしてもらえますか?」

と言ってみました。

 

「…それじゃ勉強させてもらいます」

との返事がありました。

 

やったー

こんな感じで、

とりあえず、

いくらかの値引きを引き出すことに成功しました。

 

ただ、

いくら「勉強して」くれるかは、

教えてもらえませんでした。

(聞けなかったという方が正しいです。。。)

 

本当に、

値切るのが下手ですねー

 

度胸がないといいますか、

小心者といいますか。。。

 

さて、

今日の夕方に、

交換が終わったという電話が来ました。

 

「いくら安くなるのかな…」

 

期待と不安を胸に、

整備工場に着くと、

そこには私の愛車が。

 

整備士のおじさんが出てきて、

作業内容の説明をしてくれました。

 

最後に、

肝心のお勘定。

 

「2千円値引きさせていただいて、

4万3千円でお願いします」

 

んー

 

そっかー

 

ま、

そんなところでしょうねー

 

後で明細を見たら、

もともとの代金が4万3千円で、

消費税が2,150円になっていました。

 

消費税分だけ安くしてくれたっていうことですね。

 

ま、

他の見積もりよりは1万円安かったので、

(といってもその見積もり自体がかなり高かった気がしますが)

心を納得させる理由があるということでよしとしましょう。

 

妻にもそう説明できますし。

 

とにもかくにも、

これで車に関係する懸念材料はなくなりました!

 

今月は、

車を使って、

成田2往復、

群馬1往復、

来月は愛知県に1往復する予定ですので、

ロングドライブのための良い準備ができました。

 

ん、まてよ?

そういえばタイヤもそろそろ…

 

いやいや、

夏前にローテーションをしたので、

きれいに4本とも減ってからまた考えましょう。

 

やっぱり車の維持はお金がかかりますね。。。

 

 

 

 

 

 

 

請求明細

タイミングベルト、ウオーターポンプ交換 工賃 27,000円

タイミングベルト キット 1セット 8,750円

ウオーターポンプ 5,250円

ロング ライフ クーラント 2L 2,000円

 

合計43,000円 消費税 2,150円 値引き 2,150円

請求額 43,000円

 

LLC が2,000円って、オイオイ。。。