土砂降り

久しぶりの雨。

それは、

バケツをひっくり返したような土砂降りでした。

 

夕立というには早過ぎる、

お昼前のこと。

 

前日から午後は雨という予報が出ていたので、

仕事の手を早めて、

家に帰るべく、

11時過ぎの電車に乗りました。

 

今月の仕事も今日まででしたので、

(すごいなー 夏休み長い!)

体も疲れていて、

電車に乗ったらすぐに寝てしまいました。

 

ところが。

電車の中なのに、

霧状に水が顔に吹きかかってくるのを感じました。

 

え?なんで?

 

寝ぼけなまこの私は、

起きていることがすぐには理解できませんでした。

 

ふと目を上げると、

目に入ってきたのはエアコンの吹き出し口。

 

あぁ、

エアコンが調子悪いのかな、

と思って、

水もすぐに止まったので、

また寝てしまいました。

 

すると、

またもや水が降りかかってくるのを感じました。

 

ん?

 

あたりを見渡してみると、

外はものすごい土砂降りの雨。

 

私は、

ドアのすぐ隣りの席に座っていたので、

駅に停車してドアが開いた時に、

そこから水しぶきが吹き込んでいたのでした。

 

ホームを通り越して、

電車の中まで水滴が吹き込んでくるほどの雨です。

 

かなり暑い日が続いていましたので、

一気に大気の状態が不安定になって振り出した、

という感じでした。

 

それにしても、

電車に乗っていて雨に濡れるなんて、

はじめてかも。

 

そんなこんなで、

電車は終点まできました。

 

ここからは、

自転車で家まで帰らなければなりません。

 

幸い、

雨は小止みになっていたので、

そのまま家に帰りました。

 

25分くらい自転車をこぎましたが、

途中でまた雨が強くなったりして、

すっかりぬれねずみになってしまいました。

 

でも、

夏の時期ですと、

自転車に乗って雨に濡れるのも気持ちがいいものですね。

 

手で顔の雨をぬぐいながら、

一生懸命に自転車をこいでいると、

合羽が嫌いでよくずぶぬれになっていた、

高校時代を思い出しました。

 

ちょっぴり青春のかけらを感じましたねー

 

そんなことで、

ちょっと夏らしい体験をできた、

今日の昼下がりでした。