団地の朝

団地の朝は、

しかも高齢化が進んだ団地の朝は、

なぜかとても早いです。

 

窓を全開で寝ている私が起こされたのは、

近くの公園を掃除しているおばさんたちの話し声でした。

 

どうやらボランティアでやっているようなのですが、

その話し声が大きくて…

 

団地なので、

建物に反響して、

かなりの音量で聞こえてくるんですよね。

 

そのほかにも、

いろいろな "生活騒音" が聞こえてきます。

6時代から、

洗濯機は回りだしますし、

7時の声を聞くか聞かないうちから、

掃除機も活躍し始めます。

ごみを出す音も聞こえてきますし、

団地の朝は、

なかなかにぎやかです。

 

これまではあまり気づきませんでしたが、

皆さんかなり早起きなんですねー

 

ただ、

こういうのには慣れっこみたいで、

いやな顔をする人はいないみたいです。

 

ある意味で、

そういうおおらかさというか、

聞こえても聞こえないふりをできる優しさが、

昔からの日本人のいいところですよねー

 

まだまだ昭和の雰囲気が色濃く残っている、

そんなとある団地からのレポートでした。