いつもの光景

電車で通勤をしていると、

いつも見る光景というものがあります。

 

私は、

駅を6時半過ぎに出発する電車に乗っているのですが、

ホームでよく見かける人がいます。

 

その人は、

いつも同じベンチにいて、

改札口に背を向けるように、

電車に横を向けるようにして座り、

いつもサンドイッチを食べているのです!

 

なぜ?

 

なぜ駅のベンチで?

 

なぜ横を向いて?

 

なぜサンドイッチ?

 

その人を見かけるたびに、

頭の中には "なぜ" がいっぱいです。

 

この人は、

食べ終わってから電車に乗り込むのだろうか?

それとも電車を降りてから朝食を取っているのだろうか?

う~む。

 

人にはそれぞれ、

ルーティーン・ワークというものがあるんですね。

 

そして、

それに支えられて、

毎日リズム良く、

規則正しく生活できているわけです。

 

イチローが、

いつも同じ動作をしてから、

バッターボックスに入るのと同じように。

 

さて、

明日も、

あの人に会えるかな?

 

またまたサンドイッチかな?

 

明日もいつもと同じ電車に乗れるように、

今日はちょっと早く寝ることにします(笑)