Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

翻訳の手伝い

日本のあれこれ 日本のあれこれ-出来事

 

妻が、

自分の母語を、

日本人に教えることになりました。

 

その際に、

日本語で書かれたテキストブックを使います。

 

それで今日は、

まず彼女がその教材を理解できるように、

彼女の言語に翻訳するのを手伝いました。

 

最初の講義の範囲は、

そのテキストブックの4ページ分です。

 

翻訳する前に、

まずはその部分の日本語を、

日本語で読めるようにしなければなりません。

 

ということで、

まずは漢字に振り仮名を振ることになりました。

 

これが、

結構大変でした。

 

何故かというと、

彼女は漢字の上に、

ローマ字で振り仮名を書き込んでいきます。

そうすると、

読み仮名に当たるローマ字のつづりが、

とても長くなってしまいます。

 

例えば。

「人称代名詞」は

"ninshoudaimeishi"

「指示代名詞単数形」は、

"shijidaimeishitansuukei"

といった具合です。

 

振り仮名を振り終わったら、

テキストブックは真っ黒になってしまいました。

 

時間も思ったよりかかってしまい、

今日のところは振り仮名を付けるところでおしまい。

 

明日は、

いよいよ中身を翻訳していきます。

 

今日の作業で、

うちの妻はあまり日本語を理解していないということを

思い知らされました。

 

結構簡単な漢字でも、

やっぱり読むのは難しいみたいです。

 

まあ、

教えていないのでしょうがないのですが…

 

"えっ、こういうことも分からないのー"

という気持ちを抑えるのは、

なかなか難しいんですよー

 

明日は、

辛抱と粘り強さが求められそうです。

 

がんばろう。。。