初めて桜をきれいだと思ったのは、

いったい、いつのことだったでしょう?

 

自分の桜の記憶をたどってみると、

たしか、

小学校の高学年の時に、

祖母と一緒に花見に行ったのを覚えています。

 

祖母が私たちの家に出て来ていて、

しばらく一緒に暮らしていた時期がありました。

 

その時に、

地元では有名なお花見スポットに行ったことを、

覚えています。

 

ただ、

お花見に行ったということは覚えていても、

「桜がきれいで感動した」

という印象は全くありません。

 

"ここが○○という公園かー"

"酔っ払っている大人が恥ずかしい"

"すごい滑り台があるなー"

 

と感じたことは覚えているのですが、

肝心の花のことは、

さっぱり。

 

やはり、

ある程度大人になってから、

人は桜の美しさを理解できるようになるのでしょう。

 

今年は、

花見も自粛ムードということで、

人出が多くないこのチャンスに、

どこか有名な桜の名所に行ってみようかなと、

思ったりもしました。

が、

結局今のところ、

どこにも行かずじまいです。

 

今年は、

開花までの気温変化がゆっくりだったせいか、

あまり葉っぱが出ていない、

本当に桜の花一色の桜の木を多く見る気がします。

 

でも、

なんとなく、

今年の桜は、

感動するほどはきれいに見えないんですよねー

 

やはり、

なんとなーく、

暗いニュースに影響されてしまっているのでしょうか?

 

そういうことを忘れてしまうような、

美しい桜の木に出会いたい、

そんなことを感じる、

この花見の時節です。