やっぱり日本がいいなと思ったこと

 

なんだかんだ言っても、

やはり私は日本生まれの日本育ちなものですから、

日本の方がいいなと思うことも、

やっぱりあるわけでございます。

 

まずは、

煙草のマナーでしょうか。

 

香港の人はあまり煙草を吸わないそうですが、

中国本土からの観光客は、

そうではありません。

 

ですから、

観光地に行くと、

煙草を吸う人を見かけます。

 

日本では、

どちらかというと煙草を吸う人が遠慮がちな感じですが、

お隣り中国は、

世界的な たばこ大国。

初めて会った人に煙草を勧めるのが、

社交辞令の一つになっている位のお国らしいので、

煙草を吸う人は、

人前でも堂々と吸う人が多いようです。

 

煙草を吸わない人にとっては、

禁煙分煙が進んでいる日本の方が、

居心地が良いかもしれません。

 

もう一つは、

電車の中のマナーについて。

 

香港では、

車内は飲食禁止です。

でも、

携帯の通話はOKなんです。

 

"携帯はマナーモードで、通話はご遠慮ください"

というアナウンスを毎日聞かされている私にとって、

携帯を取りだしておもむろにしゃべりだす香港の人を見て、

びっくりしました。

 

地下鉄の走行中でも通話が途切れないようで、

いろんな人が電話で話していました。

 

言葉がさっぱり分からないので、

どんな内容の会話なのかさっぱり分からないのですが、

日常のことを話している雰囲気でした。

会話の内容が分からないので、

その分あまりストレスにはなりませんでしたが、

意味が分かってしまうと、

どうでしょうか?

 

やっぱり、

個人的には、

電車の中は静かな方がいいかな。

 

 

こう考えてみると、

普段の身の回りの日常が、

いざ日本を離れてみると、

意外にいとおしく感じてしまうものなんですね。

 

ということで、

毎日なにげなく繰り返されている日々が、

やっぱり大切なんだなぁ と、

考えさせられました。

 

こういうことに気が付くのも、

海外旅行の良い所なのかもしれません。