変わっていなかったこと

 

香港の旅行は2回目でした。

前回は2000年2月でしたので、

もう11年も前のことです。

 

このくらい期間を開けて同じ都市を訪れるのは初めて。

何がどのくらい変わっているかが楽しみでした。

 

それでは、

まずは、変わっていなかったことから。

 

1."飲茶はおいしい"

2."足場は竹"

3."公共の乗り物は安い"

 

食べ物がおいしいというのはうれしいですねー

飲茶を食べに、

泊まったゲストハウスの近くの、

東湖海鮮酒家というお店に行きました。

 

相変わらず、

漢字ばかりのメニューはちんぷんかんぷんで、

字の雰囲気とかすかな記憶を頼りにオーダー。

(図書館で借りた)ガイドブックにも、

飲茶についての説明がいくらかあったのですが、

若干緊張していたせいでしょうか、

あまりよく理解できませんでした。

 

しかーし。

小さな蒸籠に入って運ばれてきた飲茶たちは、

相も変わらず、

おいしゅうございました。

 

妻や妻の妹にとっては、

若干味付けが薄かったらしく、

ある飲茶についてきたオイスターソース基調のたれを、

ほかの飲茶にも付けて食べていました。

ま、その辺はご愛嬌ということで。

 

香港名物とも言える(?)、

竹の足場。

高層ビルであっても、

その周りについている足場は、竹。

しかも、

ビニールのひもでキュキュッと結わえているだけに見えます。

前回の旅行の時に、

けっこう近代的な街並みと、

やはりここは中国だったと実感させられる竹足場のギャップが、

なんとも印象的だったのですが、

それは今でも健在でした。

日本と同じような足場もあるにはありましたが、

圧倒的に竹製の足場が優勢。

いずれは逆転してしまう日が来るのかもしれませんが…

 

バスや地下鉄、フェリー、

そして2階建ての路面電車・トラムの安さも、

相変わらずでした。

トラムに至っては、

どこまで乗っても、

1乗車2ドル。

約25円です。

市内観光も兼ねて、よく利用しました。

 

物価が安いというのは、助かります。

 

ということで、

アジア大好きの私の旅行感覚も、

あまり変わっていなかったようです。

 

 

 

 

 

東湖海鮮酒家(行ったのは別の支店)

http://www.openrice.com/restaurant/sr2.htm?shopid=10200