七味

一振りで料理にアクセントをつけることができる、七味唐辛子。

激辛好きではないのですが、

食事の時にたびたび使う調味料です。

 

ビンに入っていた七味が切れたので、

近くのスーパーで、

詰め替え用にと大きなパックのものを買ってきました。

 

 

でかいですねー

早速、ビンに移し替えて、使ってみました。

 

…ただ。

ちょっと、味が違う。

なんでかな~と思って、

袋の裏側を見てみました。

 

 

えっ!?

七味なのに、

原材料が四つしかない!!

 

七味の中身が、

地域によって多少違うというのは、

聞いたことがあります。

自分の好みに合わせてブレンドしてくれるお店があるというのも、

どこかで聞いたような気がします。

 

しかし。

香辛料の種類が7つ以下の"七味"があるとは!

 

まずですね、

麻の実が入っていないというのが、

個人的には、痛い。

麻の実なんて、

普通の七味でもそんなにたくさん入っているわけではないですが、

たまたま麻の実が口の中に入って、

パチッと弾けて、広がる芳ばしい香りって、

七味の醍醐味の一つだと思うんですよね。

 

とは申しましても、

"七味"唐辛子を購入したそのスーパーにはいつもお世話になっているので、

特段クレームを付ける気持ちなどさらさらありませんが。

 

でも。

ちょっと考えてみると、

レストランや食堂に置いてある七味も、

実は "簡素版七味" である可能性があるっていうことですかね。

 

こうやって、

コストダウンという名のもとに、

日本人の味覚の鋭さが、

鈍くなってしまっているのかもしれません。

 

そうだとしたら、

とても残念ですなぁ。