長ぐつ

今日、神奈川県下は朝のうち雨でした。

私は朝6時半前後に家を出るのですが、

その時は、まだしっかりと雨が降っていました。

 

駅まで自転車で通勤している私にとって、

雨の日はちょっと気が重いんです。

なぜって?

それは、合羽を着るかどうか、長ぐつを履くかどうか、迷うからです。

今日の天気予報では、

午前中雨の予報。

つまり、仕事が終わって帰る時間には、

雨はやむ確率が高いわけです。

出がけに、

気象庁のホームページで降水ナウキャストを見ても、

(降水ナウキャスト:過去の雨域の動きと現在の雨量分布を基に、1時間先までの各10分間雨量を予報するもの)

これはお昼前にはやんでしまいそうな勢い。

合羽は、とりあえずたたんでしまえるからいいのですが、

長ぐつは、そういうわけにはいきません。

私が持っている長ぐつは、

工事現場などでも使える、結構本格的なものです。

いわゆる、ゴム長というやつですね。

防水性能は完ぺきなのですが、

いかんせん、

雨がやんだ後にこれを履いて電車に乗るというのが、なかなか恥ずかしいのです。

しかし。

足が濡れてしまうと、

そのあと寒い思いをしながら仕事をしなければなりません。

うーむ。

ちょっと悩みましたが、

やはり、長ぐつを履いていくことに決めました。

 

その後のお天気ですか?

はい、雨は10時過ぎにやみました。

 

風も若干強めだったため、

帰りの駅までの道のりは、もうほとんど乾いていました。

長ぐつはできるだけズボンの裾の中に隠し、

予想度降りちょっと気恥ずかしい思いをしながら電車に乗りました。

…でも、長ぐつで歩くとなんで足音が大きくなってしまうんでしょう?

…でも、長ぐつって、なんであんなに派手なカラーリングなのでしょう?

ズボンの裾から顔を出した、黄色と緑の長ぐつの先っぽが、

何とも恨めしく思われました。。。