初雪

朝、家を出ようとすると、妻が一言。

「雨降ってるよ」

…どおりでぐっすり眠れたはずです。

ベランダから外を見ると、

外はまだ薄暗いながらも、

しとしとと雨が降っているのが分かりました。

とりあえず、合羽を着て外に出ると、

ん?

若干みぞれ交じりの雨でした。

かじかむ手をこらえながら坂道を自転車で乗り進んでいくと、

みぞれがだんだんと白いモノに変わっていきます。

私は、市内でも小高い所に住んでいますが、

坂道を上りつめたところあたりでは、

完全に雪が降っていました!

雪だ!!

関東生まれの私にとって、

雪が降るというのは大事件。

大人になってからも、その年初めての雪を見ると軽い興奮を覚えます。

ただ、その雪を見れたのも、ほんのわずかな時間だけでした。

一気に坂道を下って市内に出ると、

そこは辺り一面弱い雨が降っているのみ。

同じ市内でも、気温は結構違うんでしょうね。

いつもは家までの坂道を恨めしく思っていましたが、

今日ばかりは、ちょっと得をした気分でした。